ブルーベリー狩り 当日の流れ

ご予約後、ご来園当日の受付の流れや園での過ごし方を

お問い合わせが多い内容を中心にご紹介しています。


ご来園

前日までに電話予約を頂き、予約時間にお越しください。

田舎道で目印などが少ない為、分かりにくい場合はお近くからお電話頂ければ説明させて頂きます。県道沿いにビニールハウスが並んでいてブルーベリーと書かれた旗が沢山並んでいます。エトファルトと書いた看板があり中に入ると受付の建物があります。

 

受付

車を一旦止めたら受付を行います。

(車にて再度移動する為、お荷物等は持って降りる必要はありません)

必要事項に記入頂き流れの説明をさせて頂きます。

受付時にお支払などはありません。精算はお帰りの時に行います。

摘み取りパックをもらう

摘み取り用のパック(左)をお渡しします。1パックに1kgまで入ります。沢山摘みたい方には事前に沢山お渡ししています。

小さなお子さんには肩掛けの小さなバケツ(右)を貸出しています。

山盛り入れると300g入ります。摘みとったらパックへ移してあげて下さい。

摘み取りパックは付属のビニール袋の中にパックを入れて手提げにしてお使い下さい。パックからブルーベリーがあふれ出す前に次の新しいパックに移ってください。入れ過ぎると潰れてしまいます。

パックは多めに受け取って使わなければそのままお返し頂いても大丈夫です。

※人数×300g以上の摘み取りをお願いしています。

お手洗いは受付にしかありません。

必要な方は済ませてから園へ移動となります。

時々、紙はありますか?水洗ですか?との質問を頂きます(笑)

ご安心ください。水洗で紙もあります。感想として思っていたよりきれいだったと言って頂きます。思っていたのがどのレベルかは別として。しかし個数も少なくとっても暑いですのでご了承ください。

車で移動、いざ出発

受付が終わったらご自身の車で園まで移動して頂きます。スタッフが別の車で先導して2分ほど走ります。

摘み取り後、受付まで戻って来て頂くため道を覚えながらついてきて下さい。

園近くの道はこんな感じです。一応地道ではありません。

ここで方向転換してバックで駐車します。

車は園に沿って縦列駐車です。

止める場所などは現地で説明します。車の大きさやバックが苦手などで多少場所が変わってきたりします。

 

 

 

ブルーベリーを狩る

準備が整ったら園に入ってその日摘める場所や摘み方の説明を聞きます。

園内は屋根が無いので帽子や飲み物の熱中症対策をよろしくお願い致します。

実際に摘み取り開始。

園内は色んな種類のブルーベリーが混在する為、どの木を摘むか迷ってしまいます。その際、味見をしてみて摘み取る木を選びます。食べ放題ではありませんが摘みとる前に試食をして摘みたい木を選びます。ブルーベリーは素手の方が摘み取りやすいです。葉っぱや虫が気になる方は長袖でお越しください。

欲しい分だけ摘み取りが出来たら受付まで実を持って戻って来て頂きます。

時間制限はありませんが、しんどくなる前に戻って来てください。熱中し過ぎて暑さを忘れてしまう方が沢山いらっしゃいます(笑)暑すぎる時は時々車に避難してクーラーで休憩される方も沢山いらっしゃいます。

摘み終わったら

摘み取りが終了したら初めの受付場所までお戻り下さい。

摘みとったブルーベリーを計量して精算です。100g150円+消費税。

1kgで1500円+消費税です。

 

 

摘みとったブルーベリーと一緒にエトファルトのご案内とブルーベリーの簡単な食べ方をお渡ししています。

ブルーベリーはそのまま食べる他にも美味しい食べ方が沢山あります。特にそのまま冷凍して食べるとシャーベットのようでとても美味しです。ブルーベリーは冷凍保存ができかなりの長期間でも味が落ちません。そのため毎年1年分の保存用をと山盛り摘み取りされる方も少なくあません。

お帰りの際にお土産や近隣施設のご案内などもどうぞ。

ブルーベリージャムやサフランシリーズ、近くの食事処や温泉、遊べる施設などのパンフレットなどご用意しています。